2008年08月19日

フローティングテーブル

フローティングテーブル

floatingtable.jpg

考案 ロザンダー
製造元 Losander inc.
価格 185,000円
分類 パーラー・ステージ・テーブル浮揚

現象
重厚で重いテーブルがあります。
マジシャンとお客様がテーブルにかかったクロスの四隅を軽く持ちます。
するとテーブルがフワフワと自由自在に浮き上がります。

感想
このロザンダー師考案の「フローティングテーブル」は故トミーワンダー師考案のレビテーションシステムを使用しているので、本物の浮遊感を醸し出し、さらに使いやすく、浮遊中に布をめくったり、360°どの角度から見られても問題ありません。

とてもいい商品です。

印象も強く、インパクトもあるので、私はパーラーやステージのラストにほぼ必ず使用します。

私は以前UGMでもプロトタイプのフローティングテーブル(価格69,800円)を購入していたのですが、
「アンティグラビティ・ボックス」という商品が使用可能なニュータイプのものも購入してみました。
この「アンティグラビティ・ボックス」さえあれば、マジシャンが布から両手を離してもテーブルが浮き続けます。

ただ「ニュータイプ」は、あまり派手な動きが出来ません。(私が下手なだけかもしれませんが。)
その代り、とても重厚なデザインで、重量感があり、アンティークな雰囲気を醸し出します。

「プロトタイプ」は「アンティグラビティ・ボックス」は使用できません。
さらにデザインがイマイチです。
はっきりいえば「見たことないデザインのテーブル」です。
しかし、その代わりと言ってはなんですが、「ニュータイプ」よりも比較的派手な動きが出来るのと、長い時間、テーブルを浮遊させることが可能です。

「派手な動き」や「長時間の浮遊」は賛否がありますが、私はお客様の要望やステージの大きさで
1.フローティングテーブル(プロトタイプ)
2.フローティングテーブル(ニュータイプ)
3.MCライトテーブル
のどれを使用するか決めます。

どちらにしろ初めて行くステージは、電話やメール画像ではなかなか感じがつかめないので、浮遊するテーブル三種は必ず持って行き、演技前の準備でどうするか決める事が多いです。

お勧めですが価格が高価なので、使用頻度が少ない方などは「MCライトテーブル」(みかめくらふと製、価格36,750円)でも十分だと思います。(ただし、私は少し改造しています。)
こちらは少し工夫すればテーブルホッピングの演技テーブルとしても使用可能ですので、現象や価格の割には使用用途が多く大変お得です。
posted by 葵栄治 at 07:32| 兵庫 ☀| ステージ・パーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする