2009年08月26日

タイムトリックス

タイムトリックス

timetrix.jpg

考案者 マリオ・ハーバート・ラゴ
購入先  オフィス・ニシカワ
価格 29,400円
分類 クロースアップ・腕時計・予言

現象
予言の封筒をお客様に渡します。
マジシャンは腕時計を示し、竜頭をはずします。
腕時計を裏向きにし、文字盤を見ずにお客様に竜頭を回して頂きます。
お客様が納得されたら竜頭を回すのを止めていただき、竜頭を戻します。
当然、今、時計が示している時間はお客様にもマジシャンにも分かりません。
マジシャンはお客様にあらかじめ渡しておいた「封筒の予言」を示します。
予言の時間とお客様が自由に選んだ時間が一致しています。

感想
バザー・デ・マギーの「タイムトリックス」です。

これは今までの「パーフェクト・タイム」や「ウォッチ&ウェアー」とは違う現象です。

しかしこれも大変不思議なメンタルマジックです。

実際は私は上記の手順ではなく「アウト・トゥ・ランチ」と併用して 「タイムトリックス・スピリットライティングルーティン」と言う複数のトリックを混ぜたルーティンを演じています。

これはなぜかと言うと上記の手順だと「時計に何かある!」と思われてしまいます。

直接過ぎるのが原因と考えていますので、それならと複数のトリックを混ぜたルーティンを使用しています。

そのおかげで「タイムトリックス・スピリットライティングルーティン」を演じているときは嫌なツッコミも少なくなりました(^^;

この「タイムトリックス」は、「ウォッチ&ウェアー」と同じ、バザー・デ・マギーの商品です。

しかし原理、機構共に「ウォッチ&ウェアー」とは違います。この「タイムトリックス」は俗に言う「スタルシステムウォッチ」です。

この「スタルシステムウォッチ」は元々ロバート・スタル考案のシステムですが、 有名なところにコレクターズワークショップの「ジェーニバ・プレデクション・ウォッチ」があります。

「ジェーニバ・プレデクション・ウォッチ」は懐中時計で、予言は60通り可能ですが、この「タイムトリックス」は腕時計で使い勝手が向上しています。

また、この「タイムトリックス」は4人同時に予言が可能で、この機構自体はマリオ・ハーバート・ラゴのオリジナルだそうです。

「パーフェクト・タイム」等と比べて非常に使いやすいのですが、お客様は「パーフェクト・タイム」の方が不思議なようです。

まあ「パーフェクト・タイム」は自由にイメージした時間を当てるのですからこれ以上ない現象です。

しかし、劣るとはいえ応用範囲が広いのは「タイムトリックス」と考えます。

オフィスニシカワさん販売の「タイムトリックス」には20ページの詳細な日本語訳解説書が付属しています。
これを見るだけでも十分価値があります。
ですのでこの商品はオフィスニシカワさんで購入することをお勧めします。

またこの「スタルシステムウォッチ」はデジタルのものもありますが「アナログ時計」と言うマテリアルに大変魅力があるので 「デジタル時計」よりは「アナログ時計」の方がいいと私は思います。
皆さんはどうでしょうか?


posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☀| 日用品マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする