2008年11月29日

アンビシャスカード

アンビシャスカード

ambitiouscard.jpg

考案者 ダイ・ヴァーノン
書籍名 スターズ・オブ・マジック
分類 クロースアップ・カード・デック内の移動

現象
お客様にカードを一枚選んでいただきます。
サインをしてデックの真ん中あたりにサインカードを戻します。
指を鳴らすとサインカードが一番上に上がってきます。
繰り返し行うことも可能です。

感想
このマジックはTVでもよく演じられていますので、マジックをあまり見ない方もご存じかと思います。
前田知洋師やふじいあきら師も好んでよく演じておられます。

このマジックはとても使い勝手がよく、お客様の空気によって長く演じたり、短めに終わらせたり、自由自在に組み込めます。

またテーブルホッピングでも演じれますし、とても便利です。

ただ、単調な演技にならないよう気をつけなければなりません。

また、いろいろなクライマックスにつなげる事が出来ます。

主に私が使うクライマックスです。

1.「WOW!(益田克也/「WOW!すり替え用」と「ミニ・ヒンバーワレット」を使用)
2.ル・ポール・ワレット(ポール・ル・ポール/実際は「サコーワレット(ミスターサコー)」を使用しています。)
3.ファスナーポケット・パスケース(紀良京佑)
4.ベンデックス・ボムシェル(デイブ・ベンデックス/カーレルフォックスの手順使用)
5.カードをポップアップさせる。(考案者不明)
6.ミステリー・ボックス(ジョン・ケネディー)

他にも「カップス・ワレット」や「トム・マリカ・ワレット」等、たくさんありますが、だいたいこのくらいです。

皆さんもいろいろあると思いますが、やはりこの中で私的に最高なのは「ル・ポール・ワレット(ポール・ル・ポール)」です。

お客様の驚き方が明らかに違います。

やはり糊付けされた封筒からサインカードが出てくるのは強烈なようです。

さらに大人気の「WOW!(益田克也/「WOW!すり替え用」と「ミニ・ヒンバーワレット」を使用)」は便利です。

ビジュアルな変化と比較的リセットしやすいのと両方で重宝します。

また、アンビシャスカード自体が「TVのマジックを生で見れた〜」と結構お客様に喜ばれます。

お客様に喜んでいただけるなら、このマジックは覚えておいて損はありませんし、必ず覚えたくなるでしょう。

名作中の名作です。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☀| カードマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする