2008年09月15日

Dr.ジェイコブ・ダーレーのラスト・トリック

Dr.ジェイコブ・ダーレーのラスト・トリック

drjacobdaleylasttrick.jpg

考案者 Dr.ジェイコブ・ダーレー
書籍名 ザ・ダイ・バーノン・ブック・オブ・マジック
分類 クロースアップ・カード・位置交換

現象
4枚のAを取り出します。
赤いAをマジシャンの手元に残し、黒いAをテーブルに裏向きに置きます。
しかし、テーブルに裏向きに置いた黒いAをめくると、赤いAになっています。
マジシャンの手元のカードは黒いAになっています。

感想
このマジックは、現象が非常に分かりやすく、またレギュラーカードで出来ますので、いつでもどこでも即実演可能で重宝します。

TVなどでもよく演じられていますので、知っている方も多いのではないのではしょうか?

そのくらいよく演じられる非常に有名なトリックです。

このマジックは「ザ・ダイ・バーノン・ブック・オブ・マジック/ルイス・ギャンソン(1956)」に載っていますが、実際、私がこのマジックを覚えたのは高木重朗先生の「奇術入門シリーズ・カードマジック(東京堂出版)」の「ジェイコブ・デイリー博士のエースの入れかわり」を見てです。
(最近、マジックを始めた方はこの方が多いかもしれません。)

このマジックは色々なマジシャンが導入部やカードのめくり方などに工夫をしていますが、私も演じる際は少しだけ工夫しています。

私の場合は、黒いAをテーブルに置くのですが、導入の際にお客様に「『黒いA』で『赤いA』を挟み込みます。」と言い、「黒いA、赤いA、赤いA、黒いA」と、はっきりディスプレイを示します。
ちなみにビドルムーブは使用しません。
(実際はここまでしなくてもいいと思います。
まさに「マジシャンの考えすぎ。」ですが、やはり好きなので使用してしまいます。)

その後、裏返して4枚を示してからトップカードをめくり「一番上は『黒いA』でしたね。」と言い、カードを示してテーブルに置き、次にボトムのカードをトップに持ってきて「一番下も『黒いA』でした。」と、カードを示しテーブルに置きます。
(グライドを使う手順も存在しますが、私は使用しません。)

私の手順はDLは1回ではなく2回使用します。

また、この為だけに特殊な技法を開発しました。
この技法は、この「ラスト・トリック」以外に使い道がありません。
(出来うる限り調べましたが、この技法は発見できませんでした。
しかし、この技法の種類自体が膨大な数なので、アンダーグラウンドで存在している可能性があります。
ですので、もう少し調べてからお伝えしたいと思います。)

また、カードをめくる際は、手元のカードからめくる方も結構多いようですが、私は原案通りテーブルからめくります。

なぜなら、「テーブルに置き、テーブルからめくる。」方がお客様には分かりやすいはずだからです。
(ただ、私自身、演出によってはこれに当てはまらない場合もあります。
しかし「トランスポジション現象」ならば、基本的にややこしくならないように「一ヵ所集中」の方がお客様にはやさしいと思います。)

ただ、導入部を変えた時点で、「Dr.ジェイコブ・ダーレーのラスト・トリック」ではなくなったような気がします。

本来、この現象に色々な工夫を施し、完成された手順にしたのが「Dr.ジェイコブ・ダーレーのラスト・トリック」だからです。

なぜなら、この現象自体はダーレーのオリジナルではなく、ダーレーよりも前に発表されていて、ターベルコース・イン・マジックの第5巻(1948)にミルボーン・クリストファーの「レッド・アンド・ブラック・エーセス」として載っています。

しかし、だからと言ってこの現象はミルボーン・クリストファーが原案ではないようで、誰が考案したかは不明のようです。

しかし、ダーレーの作品が「ザ・ダイ・バーノン・ブック・オブ・マジック(1956)」に載ることで、この現象が有名になったのは間違いないことです。

また、このマジックの名前の由来も非常に有名です。

ダーレーが1954年2月にマジックを演じた直後、心臓麻痺で突然死する何日か前の日にニューヨークでこのマジックを発表しました。

このことからダーレーの最後の作品として「Dr.ジェイコブ・ダーレーのラスト・カード・トリック」と呼ばれるようになりました。

色々な話題、発見、理論、逸話があるマジックです。

とにかく、このマジックは覚えておけばいつでもどこでも実演出来、重宝します。

マジシャンの必須科目の一つでしょう。

※このマジックは最近の日本語の解説は「ザ・マジック第51号」があり、「やさしいカード・トリック ドクター・デイリーのラスト・トリック」として二川滋夫先生が解説されています。
posted by 葵栄治 at 13:57| 兵庫 ☀| カードマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする