2009年01月23日

トランプ・マジック

トランプ・マジック

toranpumagic.jpg

著者名 松田道弘
販売元 講談社現代新書
価格 470円
分類 クロースアップ(パーラー可)・本・カード

内容
「トランプ・マジック」 目次より

はじめに

1.世界はだまされるのを待っている
あれこれ迷わずまずこの奇術を
あなたは三つの山を選ぶ
演出の重要性 マーリニ「三つの山を選ぶ」の口上
意外性がすべて 奇術の三原則
予言トリックのもうひとつのやり方
三つ覚えて二つでやめる

使用するカードについての一般的知識

2.人はなぜだまされる
ミスディレクションの原理
ことばのトリック ピアノ・トリック
三つの山のトリック
奇妙な味の奇妙の奇術 ミラスキル

3.客が選び術者が当てる
誰でも知ってるテーク・ワン
カード当て奇術の三つのプロセス
ひそかにキー・カードをつくる グリンプス
カットの原理を理解する
カードの当て方とその演出

4.私だけが知っている
まるで推理パズルのように スリー・カード・モンテ
わずかの工夫でおどろくべき効果を
ジョーダンの郵便トリック

5.形が変わるともうわからない
だまされるのは先入観
キー・カードの原理を知っていても
うしろ手のカード
私のまねをしてください
奇術師の秘密兵器 フォーシング

6.セットアップ・デックの心理学
ひそかな準備で意表をつく
エースの登場 四枚のカードをセットする
十三枚のカードをセットすれば
サイ・ステビンス・システム 五十二枚をセットする
ささやくクイーン アネマンのロケーション
一組のカードをすりかえる

7.きっとバクチはならんぞ
ギャンブルへの関心
単純なゲームに思わぬわなが
失敗したと思わせて サーカス・カード・トリック
イカサマ師のテクニック ポーカー・デモンストレーション

8.まるでエスパーのように
悪魔のような選択 シュードゥー・サイコメトリー
奇術師の選択 ヴォリション
革命的な新奇術 アウト・オブ・ディス・ワールド
百万に一つの偶然
集団読心術 マルテイブル・マインド・リーディング
道は開ける アル・ベーカーの読心術

あとがき

解説 カード・マジックの核心 江国滋

感想
この本は恐らく「即席マジック入門」と並んで、内容、コストパフォーマンス、どれをとっても最高の本だと思います。

この本の中で使えないマジックを探す方が難しいと思います。

この中の2、3個でも覚えておけばいざという時助かります。

特に「マルテイブル・マインド・リーディング(集団読心術)」はパーラー、ステージでも実演可能で、とても優しく出来、しかも指先のテクニックは使用していません。

私も実際使用していますが、大きなトランプでも演技可能ですのでとても重宝しています。

もし手に入れる事が出来たらぜひ覚えてみて下さい。

※残念ながら現在は絶版です。
posted by 葵栄治 at 00:30| 兵庫 ☁| マジック本・DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする