2009年01月26日

スコッチ・アンド・ソーダ

スコッチ・アンド・ソーダ

sands.jpg

考案者 ?
購入先  オフィス・ニシカワ
価格 18,500円
分類 クロースアップ・コイン・変化・瞬間移動・貫通

現象
あるバーでのお話。
マジシャンは500円と10円を示します。
お客様の右手をお借りします。
手を開いていただきその上に500円と10円を置きます。
そしてそのまますぐに握っていただきます。
マジシャンは両手に何も持っていないことを示します。
その後、お客様に500円と10円を握ったまま後ろ手になっていただきます。
そのままの状態で、感触だけで500円を後ろから出していただきます。
マジシャンは500円を受け取ります。
間違いなく500円1枚だけです。よく示します。
お客様は感触だけですが、右手の中には10円が残っているのが分かります。
マジシャンはここで「10円を消します。成功したらドリンクを1杯おごってくださいね(^^;」といいます。
マジシャンは指を鳴らし、10円が消えたことを告げます。
お客様は10円の感触があるので「消えてない!」とおっしゃいます。
しかし、手の中を見ていただくとなんと握っていたのは100円でした。10円は「消えて(?)」しまったのです。
マジシャンはおいしい「スコッチ&ソーダ」をおごっていただき、再びお客様とおしゃべりしながらマジックで楽しい時間を過ごしていただくのでした(^^;

感想
「スコッチ・アンド・ソーダ」です。

これも応用範囲が広いマジックです。

これも
「完全Lタイプ」、
「MagLタイプ」、
「NLタイプ」
等、色々タイプがあります。

個人的には「MagLタイプ」がお勧めです。

ちなみにオフィス・ニシカワさんで購入した分は「Stl.C.」付きのお得セットです(^^;

このマジックの名前の由来は上記手順の流れからきたジョークだと思います。

このマジックは名前が色々あり「ジン・アンド・トニック」や「ダイム・アンド・ペニー」などですが基本は同じです。

現在は瞬間移動や貫通によく使われますが、元は変化の現象だったようです。

何であれ、お客様自身の手の中で起こる不思議な現象はお客様の心を捉えて離しません。

大変不思議でウケるマジックです。

何よりほとんどマジシャンは何もしていないという非常に楽なマジックです(^^;

楽ですが、それが結果でマジシャンの手が何も加わってないように見えます。

ちなみに私は全くお酒は飲めません(^^; 

故に上記手順は「スコッチ・アンド・ソーダ」ではなく「ウーロン茶」になってしまいます。(カッコ悪っ!!!)
posted by 葵栄治 at 00:19| 兵庫 ☀| コインマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする