2009年01月10日

暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第2号

今日から大雪の予報・・・雪

それに伴い以下の文章が気象庁より発表されました。

-----------------------------------------------------------
暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第2号

平成21年1月9日16時55分 気象庁予報部発表

(見出し)
 発達中の低気圧の影響で、10日から11日にかけて北日本の太平洋側の
海上を中心に雪を伴って風が非常に強く、海上では大しけとなるでしょう。
暴風雪や高波に警戒が必要です。また、北日本から西日本の日本海側を中心
に、大雪となる見込みです。

(本文)
 関東の南海上には発達中の低気圧があって、9日夜から10日にかけて急
速に発達しながら、北東に進み、10日夜には、北海道の南東海上に達する
見込みです。10日には、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、全国的に
風が強まるでしょう。

[防災事項]
<暴風雪、高波>
 北日本の太平洋側の地方を中心に、10日から11日にかけて雪を伴って
風が非常に強く吹き、海上は大しけとなるでしょう。
 10日に予想される最大風速は、
  北日本の  海上 23〜25メートル
        陸上 18〜20メートル
 10日に予想される波の高さは、高い所で、
  北海道太平洋側、東北太平洋側        7メートル
  北海道オホーツク海側            6メートル
  北海道日本海側、東北日本海側、北陸地方、奄美地方、沖縄地方 5メ
ートル
の見込みです。
 暴風やふぶきによる交通障害、高波に厳重な警戒が必要です。

<大雪>
 10日以降、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、上空に強い寒気が流
れ込んでくるため、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪のおそれがあ
ります。

 10日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
  東北地方、中国地方    60センチ
  近畿北部         50センチ
  北海道太平洋側、北陸地方 40センチ
の見込みで、雪はこの後も降り続くでしょう。

 大雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪などに警戒、注意し
て下さい。また、積雪の多い所では、なだれにも注意して下さい。

[補足事項]
 地元気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意して下さい。
 次の「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報」は、10日5時頃に
発表する予定です。
-----------------------------------------------------------

いや〜「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第2号」なんてのがあるなんて知りませんでしたわーい(嬉しい顔)

しかし、出来ればあまり降らないでわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
posted by 葵栄治 at 01:29| 兵庫 ☁| マジック以外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする