2009年01月16日

12枚のライジングカード・トリック

この間、マジックを見せていたらお返しにひとつマジックを見せていただけましたわーい(嬉しい顔)

私自身がマジックを見せることがあっても、見せてもらえることがあまり無いのでこんなときは結構嬉しいものですわーい(嬉しい顔)

タイトルは「12枚のライジングカード・トリック」としていますが、これは私が勝手につけた名前ですハートスペードダイヤクラブ

どんなマジックかと言うと・・・

現象
12枚のカードを取り出しマジシャンは後ろを向きます。
お客様は12枚のカードを受け取り、好きなカードを選んで、そのカードを一番上に回します。
マジシャンは裏向きにカードを受け取り、混ぜます。
そして順番にカードを表向きに置いていき三つの山を作ります。

12mainocard1.jpg

お客様に覚えたカードのある山を教えていただきます。
もちろん、カードの名前までは聞きません。
どこの山にあるかだけです。
これを後二回繰り返します。
その後、カードを写真のように交互に置いていきます。

12mainocard2.jpg

そしてそのカードをさらに交互に押し上げていくと最後に一枚のカードがライジングカードのように上がってきます。
そのカードがお客様のカードなのです。

・・・どうですか?不思議でしょう?

私はこのマジックは初めて見ました。

どうやらセルフワーキングトリックのようですが、見せてくれた方もなぜそうなるかわからないとのことわーい(嬉しい顔)

今調べていますが、改めてマジックは奥が深いな〜と思い知らされた出来事でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 葵栄治 at 01:00| 兵庫 ☀| マジック雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする