2009年02月22日

コイン・チューブ

コイン・チューブ

cointube.jpg

考案者 三瓶米蔵
購入先  トリックス
価格 600円
分類 クロースアップ・コイン・貫通・瞬間移動

現象
マジシャンは銀色のプラスチックで出来た二つの筒と黒いアクリル版を示します。
組み立てると黒いアクリル板が筒の真ん中を遮蔽する形になります。
3枚の10円玉を筒の上から入れますが、当然アクリル板に遮られ10円は下に落ちません。
筒をひっくり返し、もう一度10円玉が3枚であることを示します。
再び10円玉を筒に入れます。
が、やはりアクリル板に遮られ10円は落ちてきません。
しかし、マジシャンが気合を入れた次の瞬間、10円玉は難なくアクリル板を貫通して筒の下に落ちてきます。
これをもう一度繰り返します。
2枚目の10円玉が貫通します。
最後の一枚の10円玉は手に持ち示し、息を吹きかけます。
すると一瞬で消失します。
筒を持ち上げると10円が現れます。
手から筒の下に10円は瞬間移動しました。
そして最後は・・・・・・・・・!!!

感想
昔懐かしいコイン・チューブです。

現在はコインチューブDXとして真ん中の遮蔽物が1000円札のものが発売されていますが、これは初期の頃の黒いアクリル板が遮蔽物になっているものです。

現象的には「コイン・スクイーズ」と同じです。
多分、こちらが元祖でしょう。

また、私の持っているものはかなり古く、100円や10円専用です。

上にも書きましたが、現在は「コインチューブDX」という500円専用の1000円札が遮蔽物の物が出ています。

しかし、私はこのアクリル板が遮蔽物の「初期バージョン」が好きです(^^;

やはり怪しい道具ですが現象はウケます。

また分解して調べていただくことも可能です。

私はこういった「怪しい道具」が結構好きです。

ただお客様によっては「不思議だけど道具が怪しいね。」とおっしゃる方もおられます。

こうなると道具自体にトリックが無くても不思議さは半減します。
それが嫌な方は避けるべきでしょう。

しかし、やはり個人的な意見ですが、私は「怪しい道具大好き!」ですね(^^;

怪しい道具を示すことで、それにトリックを感じさせ本当のトリックを守る・・・。

私はそういうふうに考えています。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| その他のマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする