2009年08月01日

レーシック手術で感染症被害 銀座眼科を50人が集団提訴 刑事告発も

レーシック史上最悪の事件の続報です。

以下、産経新聞より
↓↓↓
レーシック手術で感染症被害 銀座眼科を50人が集団提訴 刑事告発も
7月30日18時50分配信 産経新聞

20090730-00000600-san-soci-thum-000.jpg
集団感染が発覚し、記者会見して謝罪する溝口眼科の溝口朝雄院長=2月25日、東京・銀座の銀座眼科(写真:産経新聞)

銀座眼科(閉鎖、東京都中央区)で、レーザーを使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者が感染症などを発症した問題で、被害を受けた患者50人は30日、銀座眼科の溝口朝雄元院長らを相手取り、総額約1億3300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。被害対策弁護団(団長・石川順子弁護士)は「被害者は100人を超えており、2次提訴も行う」としている。

また同日、患者や家族計62人は警視庁築地署に溝口元院長について傷害罪で告訴状と告発状を提出、同署は受理した。さらに、弁護団は厚生労働省に溝口元院長の医師免許取り消しなどの行政処分を求める要望書を提出した。

訴状などによると、8都県に住む18〜58歳の患者50人は昨年9月から今年1月の間、銀座眼科でレーシック手術を受けたが、ずさんな衛生管理のため角膜炎などの感染症にかかったとしている。

弁護団は業務上過失傷害罪ではなく、故意犯の傷害罪での告訴・告発に踏み切った理由について、「平成19年7月の時点で手術を受けた患者が重い感染症にかかっていたのに、その後も衛生管理の見直しをせずに感染被害を拡大させており、『未必の故意』があった」としている。

溝口元院長の代理人、小西貞行弁護士は「損害賠償については引き続き誠実に対応し、刑事告訴については真摯(しんし)に受け止め、捜査には全面的に協力する」とコメントした。

最終更新:7月30日21時26分 産経新聞


訴訟問題への発展は当然の結果です。

刑事告発も医師免許の取り消しも当然の如く行うべきです。

引き続き、経過を見ていきたいと思います。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☔| レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする