2009年08月09日

視力回復手術大手に警告=常時「限定割引」の表示−公取委

公正取引委員会より警告です。

以下、時事通信より
↓↓↓
視力回復手術大手に警告=常時「限定割引」の表示−公取委
8月6日15時43分配信 時事通信

レーザー照射で視力を回復させる「レーシック手術」をめぐり、インターネットのホームページ(HP)で、常時行っている値引きを期間限定のように表示したのは景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして、公正取引委員会は6日、品川近視クリニックの東京院と神奈川クリニック眼科を運営する博美会(東京都新宿区)に警告した。
両院は合わせて約80万の手術例がある大手で、東京のほか、横浜、名古屋、大阪、福岡で治療を行っている。
公取委によると、品川クは3月ごろまでHP上で「3月末までに手術すればさらに1万円引き」「曜日割」などと記載し、約17万〜20万円の手術代金が期間限定で数万円引きになると宣伝。神奈川クも5月ごろまで、同様の表示をしていた。しかし、実際には割引期限を何度も延長したり、全曜日を割引対象としたりするなど、ほぼすべての患者に割引を適用していた。 

最終更新:8月6日18時3分 jijicom


価格競争が激しくなっています。

技術や衛生面は確かなので安心できます。

しかし、このような事で取り上げられるのはどちらにしろマイナスイメージですのでもったいないですね。

気を付けてほしいものです。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする