2009年10月11日

ダイム・アンド・ペニー

ダイム・アンド・ペニー

dimeandpenny.jpg

考案者 ネルソン・ダウンズ
購入先 DPグループ
価格 1,500円
分類 クロースアップ・コイン・変化・瞬間移動・貫通

現象
グラスの中にアメリカの10セント銀貨(ダイム)と1セント銅貨(ペニー)を入れます。
2枚のコインは間違いなくグラスの底ありますが、次の瞬間、ダイムがグラスの底を通り抜けてしまいます。
グラスの中はペニーコインしかありません。
ダイムが分厚いグラスの底を貫通しました。
小さいコインですが小粋で美しいマジックです。

感想
「ダイム・アンド・ペニー」です。

前に紹介した「スコッチ・アンド・ソーダ」と基本、一緒です。

これも応用範囲が広いマジックです。

ただこれは「完全Lタイプ」しか見たことがありません。

また、Lを解除するための「バンリング」の無いバージョンがあります。
(私のは無いタイプです。)

なぜ、今回、「スコッチ・アンド・ソーダ」とほぼ同じマジックなのに紹介したかというと、この「ダイム・アンド・ペニー」も急なリクエスト用の持ち歩きのマジックの一つにしたからです。

このマジックを演じた後、「約111円トリック」に続けて、さらにクライマックスを設けた手順を完成させました。

そんな超個人的な理由で今回紹介しました。

また、現象は「グラススルー」を紹介しましたが、私は実際は「瞬間移動」に使用しています。

コインは小さいですが、小粋で不思議なマジックです。

個人的に大好きですし、とてもウケます。

何個か持っていても邪魔になりません。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☔| コインマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする