2009年10月18日

ハーフ・アンド・ハーフ

ハーフ・アンド・ハーフ

halfandhalf.jpg

考案者 ?
購入先 フレンチドロップ
価格 9,000円
分類 クロースアップ・コイン・位置交換

現象
マジシャンは500円玉と一厘を示します。
500円玉を右手でつまみあげ、一厘を左手に握ります。
右手の500円玉を見える状態で指先につまんだまま振ります。
すると500円玉がビジュアルに一厘に変化します。
左手を開けると500円玉がでてきます。
一瞬で目に見える状態でビジュアルに変化する位置交換です。

感想
「ハーフ・アンド・ハーフ」です。

昔からあるギミックを利用していますが、見せ方が秀逸です。

また、今回、一厘(チャイニーズコイン)を使用していることもアイデアの一つです。

私自身は見たことがないのですが、昔はハーフダラーとイングリッシュペニーを使用していたらしいです。

この一厘(チャイニーズコイン)という穴開きのコインを使用すること自体マニアックですが、このコインのビジュアルな瞬間変化は一般のお客様にも大変ウケます。

また、このマジックは組み合わせも多く「500円玉と一厘」「100円玉と5円玉」「ハーフダラーとイングリッシュペニー」等、いろいろ可能です。

私は正直、「ダブルエックス」と並ぶビジュアルさと、また持ち運び面では「ダブルエックス」より上だと思っています。

※「500円玉と一厘」のハーフ・アンド・ハーフは現在販売されていません。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☀| コインマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする