2010年03月16日

ミリケンズ・トランスポジション

ミリケンズ・トランスポジション

millikenstransposition.jpg

考案者 ハリー・ミリケン
書籍名 コインマジック事典
分類 クロースアップ・コイン・位置交換

現象
マジシャンは右手に500円玉2枚、左手に10円玉2枚を握ります。
手を開くと右手に500円玉1枚と10円玉1枚、左手にも500円玉1枚と10円玉1枚があります。
まず500円玉1枚と10円玉1枚が入れ替わりました。
再び握ると今度は右手に10円玉2枚、左手に500円玉2枚になっています。
もう一度握ります。
すると今度は左手にコインが全て集まります。
コインの位置交換現象です。

感想
これも有名なマジックです。

私はジョン・ケネディーがテレビで演じているのを見たのが初めてでした。

原案は確か第2段の部分までだったと思います。

レギュラーコインで演じるので、必要枚数コインがあれば即実演可能です。

覚えておけばいざというとき大変重宝します。

蛇足ですが、左手にコインが全て集まったあと、10円玉をしまい、500円玉を一枚づつ左右の手に握ると、左手に500円玉が全て集まるというクライマックスが出来ますが、私は上記手順で終了する方がいいような気がします。

500円玉が集まるクライマックスはジョン・ケネディーが演じていました。

お好みにより演じ分けると良いと思います。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| コインマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする