2010年08月16日

「ねこ娘」リニューアル 鳥取・JR境線の妖怪列車

また行かなければるんるん

以下、産経新聞より
↓↓↓
「ねこ娘」リニューアル 鳥取・JR境線の妖怪列車
8月14日10時11分配信 産経新聞

20100816.jpg
外観がリニューアルされ、フルラッピングのイラストがひときわ目立つねこ娘列車=鳥取県米子市のJR米子駅(写真:産経新聞)

鳥取県の米子市と境港市を結ぶJR境線で運行されている「妖怪列車」のうち「ねこ娘」のイラストを描いた車両の外観がリニューアルされた。これまで下半分だったイラストが、車両全体を覆うフルラッピングのにぎやかな列車になり、観光客らの目を楽しませている。

平成18年の導入以来初めてのリニューアルで、新たな塗装ではピンクを基調に、ねこ娘らしい怒った顔や笑顔など大小さまざまな表情がデザインされている。

境線の妖怪列車は、境港市出身の漫画家、水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をもとにデザインされ、ねこ娘と鬼太郎、ねずみ男、目玉おやじの4両をJR西日本が運行。鬼太郎列車とねずみ男列車はすでにリニューアルされており、目玉おやじ列車は11月にフルラッピング化される予定。

最終更新:8月14日10時11分 産経新聞

何度も行っていますが、何度でも楽しめまするんるん

まだの方はぜひ一度行ってみて下さい車(セダン)電車るんるんるんるんるんるん
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| マジック以外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする