2010年11月01日

腕時計を使ったマジックについて その2

前回、「ウォッチ&ウェアー」と「ユーロタイムマシーン」の電池交換について記載しましたぴかぴか(新しい)

まず「ユーロタイムマシーン」を分解してみましたいい気分(温泉)

すると電池を覆い隠すように基盤がexclamation

つまり基盤を取り除かないと交換が出来ない状態でしたバッド(下向き矢印)

慎重に基盤を外し、問題がないか確認exclamation

大丈夫そうなのでそのまま電池交換を行いましたグッド(上向き矢印)

基盤を慎重に元に戻し、固定キスマーク

組み立てましたぴかぴか(新しい)

結果としては慎重に行えば、びっくりするほど難しくはありませんグッド(上向き矢印)

今のところ問題なく時を刻み続けています次項有
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| マジック雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする