2010年11月02日

腕時計を使ったマジックについて その3

では今回は「ウォッチ&ウェアー」の電池交換について記載しますぴかぴか(新しい)

まずびっくりしたのは「ユーロタイムマシーン」に比べ機構が単純だったということですぴかぴか(新しい)

価格は
「ウォッチ&ウェアー」が40,500円
「ユーロタイムマシーン」が18,000円

通常、考えれば高い方が複雑そうですが、実際はそうではありませんでしたexclamation

また、少し配線が雑な感じもしましたいい気分(温泉)

ただ、単純な機構である分、電池交換は問題なくスムーズに出来ましたるんるん

どちらがいいか、考えものですねあせあせ(飛び散る汗)

また、調子が悪い原因も分かり修復るんるん

機能が回復しましたグッド(上向き矢印)

こちらも現在、問題なく時を刻み続けています次項有
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ☁| マジック雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする