2011年01月07日

日本海側を中心に大雪 7日夕方までに山沿いの多いところで60cm前後の降雪のおそれ

またですバッド(下向き矢印)

以下、FujiNewsNetworkより
↓↓↓
日本海側を中心に大雪 7日夕方までに山沿いの多いところで60cm前後の降雪のおそれ
フジテレビ系(FNN) 1月6日(木)21時13分配信

20110107.jpg
全国の雨雪判別(実況)(Yahoo!天気情報)

6日も日本海側を中心に、大雪となっている。

6日夜から7日夕方にかけて、さらに雪の降るおそれがあり、警戒が必要となる。

6日午後8時55分現在、日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、日本海側を中心に広い範囲で雪が降っている。

北海道・旭川市では、昼に比べると風は弱くなったものの、6日朝から強い風をともなった吹雪が続いており、夜までに20cm以上の雪が降った。

6日午後8時現在の各地の積雪量は、旭川市で42cm、秋田・横手市は68cm、新潟・妙高市の山沿いは82cm、鳥取市は23cm、島根・松江市は18cmとなっている。

新潟県や長野県、北海道の一部地域には、6日午後8時55分現在、大雪警報や暴風雪警報が出ており、警戒が必要となる。

6日夜から7日にかけて、山陰から北の日本海側では、雪の降りやすい状態が続く見込みで、7日夕方までに、山沿いの多いところで60cm前後、平地でも数十cmの雪の降るおそれがある。

最終更新:1月6日(木)21時13分 FujiNewsNetwork


気を付けてください。
posted by 葵栄治 at 00:39| 兵庫 🌁| マジック以外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする