2012年01月02日

テレソート・ワレット2

テレソート・ワレット2



考案 クリス・ケンオーシー
購入先 ミスターマジシャン
価格 5,800円
分類 クロースアップ・日用品・名刺入れ

現象
名刺をお客様に渡し、裏に好きな日にち(誕生日・記念日・その他適当に思い浮かんだ日にち)を書いていただきます。
名刺を名刺入れに入れます。
マジシャンはお客様に質問をしていきます。
そしてお客様のイメージを読み取り日にちを正確に言い当てます。

感想
「テレソート・ワレット2」です。

「テレソート・ワレット」は間接使用が主でしたが、「テレソート・ワレット2」は直接使用専用です。

逆に言えば間接使用には向かない構造になっています。

また、「テレソート・ワレット」はクロースアップ、テーブルホップなどに最適ですが、この「テレソート・ワレット2」はストリートでその本領を発揮します。

つまり、
「直接的な使用」
「ストリートなどテーブルが無くお客様の手などをお借りする場合」
「『リプログラフィー・ファンクション』を持っていなくて、簡単に直接使用できる用具を探していた、メンタルマジックは中級以上のレベルの方」
この3つに当てはまる方にお勧めします。

なぜ、「メンタルマジックは中級以上のレベルの方」なのかというと、初心者の方でも問題なく自然にピークできる「テレソート・ワレット」とは違い、「テレソート・ワレット2」は自然にピークするにはある程度質問事項をその場で考え時間稼ぎをしないといけないからです。

もちろん時間稼ぎなどしなくても使えなくはないですが、自然にピークするにはやはりある程度の手順を踏まなければうまくはいかないと思います。

もちろんピークの行いやすさは「テレソート・ワレット」と何ら変わりはなく大変ピークしやすい・・・というより「テレソート・ワレット」同様、ピークというより丸見えです。

また「テレソート・ワレット」では少し不安な
「ストリートなどテーブルが無くお客様の手などをお借りする場合」
つまりお客様の手の上に名刺入れをのせる場合は「テレソート・ワレット2」が本領を発揮します。

何も心配なくお客様に預けることが可能ですので、マジシャンの心理的負担はかなり軽減されます。

とはいえ余計な改めは厳禁です。

これに限らず、メンタルマジックで余計な改めを望む方はメンタルマジックには向かないと思うので演じるのは控えられた方がいいかと思います。

とにかく「テレソート・ワレット」をお持ちでも、この「テレソート・ワレット2」は用途が全く違うものと考え購入されても問題はありません。

むしろ持ち歩き用、ストリート等での直接使用には「テレソート・ワレット2」を使用し、テーブル使用のクロースアップなどの間接使用には「テレソート・ワレット」と使い分けするのもいいと思います。
posted by 葵栄治 at 00:00| 兵庫 ⛄| 日用品マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする