2012年03月09日

新型iPad 対 Androidタブレット――タブレット競争を勝ち抜くのは?

多種多様exclamation×2

以下、コンピュータワールドより
↓↓↓
新型iPad 対 Androidタブレット――タブレット競争を勝ち抜くのは?
Computerworld 3月8日(木)17時50分配信

この数か月、非常に多くの新型タブレットが発表された。
そしていま、米国Appleが第3世代「iPad」を3月16日に発売することを発表した。
結論から述べると、「Androidタブレット・ベンダーたちよ、気合を入れよ」ということになる。
新型iPadのスペックは、発売中のもの、発表段階のもの、準備段階のものであれ、その大半の競合製品を凌駕している。
競合タブレット・ベンダーは、作戦会議を開きなおし、どのように対抗するかプランBを検討する必要があるだろう。

第3世代iPadと最近発表された、もしくは発売された10インチAndroidタブレットを列挙している。
このグラフを見れば、新型iPadがその解像度や、クアッドコア・グラフィックス・エンジンにおいて、スペック上の大きなアドバンテージを持っていることがすぐに分かる(「A5X」システム・オン・チップは、「iPad 2」と同様、デュアルコアの「Cortex A9」アーキテクチャを採用している)。
こうした大きな進化にもかかわらず、iPadは意外にも1つの分野において遅れをとっており、その点において、Androidタブレットは革新的な取り組みを継続できるかもしれない(この点については後述する)。
しかしながら、新しいiPadの総合的なスペックは圧倒的なので、Androidタブレット陣営にとっては、非常に困難な挑戦となる。


注目を集める高解像ディスプレイ

米国で開催された家電製品のトレードショー「2012 International CES」とスペインで開催されたモバイル業界最大級のカンファレンス「Mobile World Congress 2012」では、高解像のタブレット・ディスプレイが話題の中心だったが、このクラスにおいては、「Asus Transformer Pad Infinity」と「Acer Iconia Tab A700」の2モデルしか該当しない(両モデルとも、1,920×1,200ピクセルのディスプレイを搭載)。
他のタブレット・ベンダーによると、ピクセル密度の高い高解像タブレット・ディスプレイを導入しない理由としては、部品コストが依然として高いことにあるという。

Appleは今回、解像度が大幅に向上したディスプレイを採用したが、従来モデルの価格を維持している。Appleの「Retina」ディスプレイ(2,048×1,536ピクセル、1インチあたり264ピクセル)は、Androidタブレット・ベンダーがこれまでに発表したどの製品よりも解像度が高い。
さらに、こうしたタブレットは、発表はされたものの、晩春か初夏になるまで発売すらされない。
発表はAndroidのほうが先だったかもしれないが、発売は後になるということだ。
しかも、その解像度は新しいiPadほどではない。
この複雑な事情によって、(どちらが先かという)妥当性をめぐる厳しい戦いへとなるのは確実だ。

一方で、Android陣営の中には、高解像ディスプレイの搭載について、それほど動じないビッグ・プレイヤーもいる。
それは、米国Amazonと韓国Samsungだ。
2012年はまだ始まったばかりだが、Appleの発表は大きな圧力となる。
Amazonは比較的高価な高解像ディスプレイを2012年は見送ることになるかもしれないが、同社は価格とそのコンテンツの販売で対抗することは明らかだ。
Samsungは、Mobile World Congressで高解像ディスプレイの戦略を示さなかったが、代わりに「GALAXY Note 10.1」や第2世代「GALAXY Tab 10.1」、「GALAXY Tab 7.0」の発表に力を注いでいた。


価格面での優位性

大量生産によるスケールメリットのおかげで、Appleがこうしたすべての新機能を従来と同じ値段で提供できているとしても、驚くべきことではない。
iPadの価格は16GBモデルで499ドルからとなっている。10インチAndroidタブレットにとって、Appleの市場シェアに食い込むのは苦しい戦いとなるだろう。

Androidタブレットは、価格競争力の面で、iPadに対抗しようと苦心してきた。
当然、現在のハードウェア・スペックでもだ。
新しいiPadは、直近で発表された競合製品に対して時期的にもスペック的にも、数か月先んじてスタートを切ることになる。
そしてこれは、タブレットの価格引き下げというプレッシャーとなって、AsusとAcerにのしかかっている。
つまり、なぜスペックの劣るタブレットが、同じ価格帯で販売されるのかということだ。
その時点で、消費者がiPadを選ぶのは当然と言えるだろう。
もちろん、ユーザーによってはAndroidタブレットを好み、iPadよりもAndroidモデルを選択する人もいるだろう。
しかし、現在のタブレットの販売実績を基に考えても、iPadはAndroidに対して大きくリードを広げているため、Androidタブレットを選択するユーザーは少数派と言える。
Appleが持つアプリの強大なエコシステムとエクスペリエンスは、iPadに対して大きなプラスとなるし、価格が差別化要因とならないのであれば、Androidタブレットはこの市場において厳しい戦いを強いられることになるだろう。

Appleは新しいiPadのカメラを5メガピクセルに向上し、レンズの設計と画像信号処理を改善することで、画像処理を強化した。
これはiPad 2で要望の多い改善点だった。
Androidタブレットの大半はすでに5メガピクセルのカメラを搭載し、1080pの動画を撮影することができる。
しかし、スペックだけではすべてを語ることはできない。
大きな疑問は、改良されたカメラの品質である。8メガピクセルのカメラを搭載する「Asus Transformer Prime」が現在この分野をリードしているが、Androidモデルに歩があるというわけではない。
Appleがハードウェアとソフトウェアをうまく最適化できていれば、競合製品を凌ぐ可能性はある。iPhone 4に搭載された5メガピクセルのカメラを考慮すると、期待できるかもしれない。


iPadの弱み

4G LTEやRetinaディスプレイなど、AppleはiPadに多くの機能を追加したが、Androidの競合と比べ、劣っている点がいくつかある。
特に、大きさと重さで負けている。
新しいiPadは厚さ9.4mmで、Asus Transformer Primeの8.4mm、iPad 2、Samsung GALAXY Tab 10.1の8.8mmよりわずかに分厚い。
タブレットでは現在、最薄である「Toshiba Excite 10 LE」はわずか7.6mmしかない。新しいiPadは、未発売のGALAXY Note 10.1(厚さ9.6mm)とほぼ同等ということになる。


GALAXY Note 10.1

厚さもそうだが、筆者は重さのほうがもっと気になっている。
新しいiPadの重量は652g(Wi-Fi+4Gモデルは662g)となっている。
重量が増えるのは、タブレットとって正しい方向性とは言えない。
そして、これは競合するAndroidモデルのトレンドと逆行する流れである。
Toshiba Excite 10 LEは535g、現行のSamsung Galaxy Tab 10.1は562g、Galaxy Note 10.1は585g、iPad 2は603g(3Gモデルは612g)となっている。

結論:652gという新しいiPadの重さは、深刻な悩みだ。
カジュアルに使ったり、背中に背負ったり、タブレットケースに入れたりする分には心配ない。
多少重くなったところで、大きな問題ではない。
しかし、片手で使うことを考えれば、新しいiPadの重さは好ましくないし、競争力もない

(Melissa J. Perenson/PC World米国版)

最終更新:3月8日(木)18時50分


色々出ていて迷いますが、自分に合ったものを探すのが一番ですねるんるん
posted by 葵栄治 at 00:37| 兵庫 ☁| ケータイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする