2012年06月10日

ミラスキル

ミラスキル



考案者 スチュアート・ジェームス
書籍名 トランプマジック
著者 松田道弘
分類 クロースアップ・数理・カード・予言

現象
お客様に赤と黒のどちらが好きかお聞きします。
(ここでは赤が選ばれたとします。)
マジシャンは紙に何かを書き、お客様に渡します。
そしてお客様にカードを渡しよく混ぜていただきます。
次に一度に2枚づつカードを表向きにし、「赤赤」ならば赤を選んだお客様の前、「黒黒」ならマジシャンの前、「赤黒」なら横に避けて置いていっていただきます。
これをカードが無くなるまで行っていただきます。
その後、お客様に渡した紙を見ていただきます。
そこには「お客様のカードの枚数は私のより4枚多い。」と記されています。
お客様に「お客様側」のカードを数えていただきます。
次に「マジシャン側」のカードを数えていただきます。
すると予言通り間違いなくお客様のカードはマジシャン側より4枚多いのです。
大変不思議な現象です。

感想
「トランプマジック」の「ミラスキル」です。

指先のテクニックは使いませんので、原理さえしっかり覚えれば実演可能です。

カード自体は普通のもので、借りたものでも実演可能なので、覚えておけば大変重宝します。

また特徴として「繰り返しの演技」が可能です。

もちろん、毎回結果は違いますが、だからといって何度もやり過ぎるとダラダラしてしまいます。

やはり2回くらいが適当ですし、私もそれ以上演技をしたことがありません。
(実は繰り返しすぎると「少々面倒」というのが最大の理由ですが。)

大好きなマジックの1つです。

※この「トランプマジック」は素晴らしい本ですが、残念ながら絶版です。
posted by 葵栄治 at 07:02| 兵庫 ☔| カードマジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする